ロボ彼女3号機

2XXX年、男たちは理想の女性 「ロボ彼女」を創り出そうとしていた。 そんなある日、このシロートエキスプレスZ 研究所で その試作の3号機が起動しようとしていた。 3号機は出産直前の妊婦の設定とした。 それぞれのCommandが正常に作動するかテストしてゆく。 KIJOYのテストの時、膨らんだお腹があたる新感覚を発見。 1号機をPOWER OFFした後に表示された「LOVE」の文字を 2号機からはプログラムに組み込んだZ博士であった。